今週の本棚
はてなブックマークに追加
情報
林 達也:著
笠間書院
2,310 円
ISBN: 430570336X

 『室町和歌への招待』(林達也ほか編著、2310円)が、笠間書院から出版された。洗練を極めた王朝期と、町人文化が隆盛した江戸期に挟まれ、みるべき和歌がないとされる室町期。だが京では戦乱のうちにも歌会が開かれ、都落ちした貴族によって地方にも文化の輪が広がっていた。天皇から連歌師まで43人の和歌を紹介・解説し、室町期の文学を再評価する試みだ。

 武田信玄晩年の作「いくとせか我が身一つの秋を経て友あらばこそ月は見てまし」など教養と孤独がにじみ、味わい深い。

<毎日新聞 2007年8月19日>
林 達也:著
笠間書院
2,310 円
ISBN: 430570336X
俳句の歴史―室町俳諧から戦後俳句まで
山下 一海:著
朝日新聞社
2,520 円
日本文学色彩用語集成―中古
伊原 昭:著
笠間書院
17,325 円
「今週の本棚」掲載新聞   このサイトについて   引用とリンク   RSS
毎日新聞社
Copyright 2006-2007 THE MAINICHI NEWSPAPERS.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します