今週の本棚
はてなブックマークに追加
新刊
和田 春樹:著、大沼 保昭; 岸 俊光:編集
勁草書房
2,940 円
ISBN: 4326248394

 元従軍慰安婦への償い事業をした「アジア女性基金」理事の大沼保昭東大教授がゼミに招いた、識者7人の講演をまとめた。あとがきの「奇跡のような本」との言葉は誇張ではない。保守派の長谷川三千子氏からフェミニストの上野千鶴子氏まで両極の代表的論者がそろう。意見の激しく対立する問題で、こうも幅広い見方を詳しく提供する本は少ない。

 何であれ社会問題を考えるときは、自分の意見を補強する理屈ばかりに気を取られがちだ。しかし本書は、「敵」にもどこか「まとも」な論点があると気付くことができれば、議論が成立することを知らしめる。

 左右両翼から猛反発された女性基金の経験がなければ、こうした本はなかなか生まれなかったのだろう。そこは、ややさみしい。(生)

<毎日新聞 2007年9月23日>
慰安婦問題という問い―東大ゼミで「人間と歴史と社会」を考える
和田 春樹:著、大沼 保昭; 岸 俊光:編集
勁草書房
2,940 円
ISBN: 4326248394
よくわかる慰安婦問題
西岡 力:著
草思社
1,155 円
「従軍慰安婦」問題 (WAC BUNKO 66)
黄 文雄:著
ワック
800 円
中学生にも分かる慰安婦・南京問題
西村 幸祐:編さん
オークラ出版
1,200 円
「今週の本棚」掲載新聞   このサイトについて   引用とリンク   RSS
毎日新聞社
Copyright 2006-2007 THE MAINICHI NEWSPAPERS.All rights reserved.
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します